グループホームの生活

9名の入居者との共同生活は大家族としてのスローガンを掲げて暮らしています。
 
「触れあう心がお互いに嬉しい、支え合っていこうよ!
認め合っていこうよ!」
 
私達は笑顔と安らぎのある暮らしを支えます。

グループホームゆかりの里

グループホームとは?
 
少人数の認知症高齢者が、家庭的な環境の中でスタッフの援助を受けながら共同生活を送る所です。
  大型施設では、様々な制約の中での集団生活に、馴染めずストレスを抱え、状況を益々悪くしてしまうという様な事態が問
  題となっています。家事等の日常生活を通じて残された能力を引き出し高齢者の表情や行動が落ち着き認知症の症状を和ら
  げる効果があると言われています。
 
ご利用いただける方は
 
介護保険の要支援2・要介護度1~5で認知症のあるかた
少人数による共同生活を送るのに支障のない方
  (暴言、暴力行為等で他の利用者の生活に影響を及ぼす恐れのあるかたは入居は困難です)
常時医療を必要としない方
 
どんなところ?
 
全居室陽当たりも良く、リビングも「光庭」を取り入れて柔らかな陽射しが入る様に工夫されています。
居室は原則として個室です。今までの暮らしで使っていた馴染みの家具等持ち込む事が出来るプライベートな空間です。
  (6.3畳に1間の押入)
利用者とスタッフで食事の準備をするキッチン、ゆっくりとくつろいだり趣味活動を楽むリビング、浴室やトイレ等が
  あります。
 
ホームでの生活は?
 
スケジュールがなく利用者は、ご自身でのリズムで生活していただきます。
スタッフは一方的にお世話するのではなく利用者自身が行う家事や日常生活を見守り、必要に応じて支援をしますが、
  人は支えられると楽ですが、楽しくないと思います。
  支えるケアから引き出すケアに切り替え支援しています。
地域とのつながりのある場です。買い物や散歩等、毎日出かけ地域との交流を図り挨拶を交わしています。
  犢橋高校との交流、畑での取りたて野菜等頂いたり・届けたり、広報を届けしたり、地域の方達とやまびこ推進会議を年4回
  開催しています。

ホーム内外での風景 ※画像をクリックすると拡大します

晴れた日の散歩
 

 
散歩コースになっている「ふるさと農園」は見所満載。2万平方メートルの農園は「ふるさと館」をメインに展示室や図書館、取れたて野菜の販売コーナーなどもあります。
散歩では段々畑や水車のある昔懐かしい風景を歩き、古い民家にてお茶飲み休憩をします。使い古した農具や収穫された野菜等の話がはずみます。
神社清掃の写真
 

 
神社の参道に桜の葉が落ちた頃、入居者の皆さんは手に竹ほうきを持ち掃除をします。地域に役立てるように頑張っています。まだまだ若い人には負けないという気持で日々過ごしています。
卓球もどき1
 

 
勝った!勝った!
アハハハ、アハハハ
顔の半分口・口・口
喉ちんこも見えますヨ
卓球もどき2
 

 
今度こそ負けられない
作戦を立てやり直し
千葉市民活動フェスタ2015(NPOまつり)
 

 
歌が大好き、地域の中のコーラス隊はボイストレーニングで鍛えた愉快な仲間達、平均年齢86才この喜びと輝きは最高です。是非見にきてください。
京成バラ園へドライブ
 

 とあるお天気のいい日に、「ちょっとドライブに行こう!」と…着いた先は京成バラ園。美しいバラを愛でてうっとり~~~(*^_^*)
入居者の居室
 

 
全居室陽当たりも良く柔らかな陽射しが入る様に工夫されています。
私の部屋は東側に面し、朝日と小鳥のさえずりで一日のスタートが始まります。窓からは菜園が目の前に広がりトマトの赤い実がかわいい顔を覗かせています。
 
インターネットからのお問い合わせはフォームよりお問い合わせ下さい。こちらから折り返しご連絡差し上げます。
特定非営利活動法人 縁会
グループホームゆかりの里
〒262-0012
千葉県千葉市花見川区千種町380-6
TEL.043-258-3100
FAX.043-258-3100

・介護事業(グループホーム)
・自立支援事業(小規模多機能ホーム)

0
1
4
9
7
2